about04

護身術はセルフコントロールが重要

直ちに技術を使うのではない、それ以前から護身は始まるのです。

1 心 構 える

「護るチカラを備える」
という気持ち、知識、訓練していくこと。
これが心構えになります。

2 危険に気づく

危険な状況にいつ出会うか分かりません。
突然目の前で事件が起きることもあります。
いち早く危険に気づくことが大切です。

3 セルフコントロールできる

誰かに因縁や絡まれそうになっても
睨み返したり感情をあらわにした言葉を相手にやるのではなく
自らの感情をコントロールすることが重要です。

4 平和的な解決を目指す

最後まで話し合いで解決できる技術が必要です。

5 最後の手段で技術を使う

自分の命や愛する人を護る
という切迫の局面で初めて最後の手段として技術を用いるのです。

護身術とは何か理解することです。
身体を護る技術だけが護身術と言えないのです。

心構えることから始まり、危険とは何かを知り、 セルフコントロールできる力を備える。

これが護身術となるのです。

DSC_1094

日常生活のモラル

・ 社会のルールを守る

ルールを守り、お互いが認め合うことで、些細な争いを避けるのです。

・ 安心安全な日常

歩きスマホや歩きイヤホンはしない。

自宅までの歩きルートを固定しない。

自宅のドアを開ける際は周囲を確認する。

・ セルフコントロールが重要

プライドや執着が原因で争いになることがあります。
相手を尊重し認め合う関係が大切になります。

護身術の心構え、日常生活の心構え は同じなのです。

・社会のルール、モラル
・尊重、認め合う関係
・安心安全な日常
・セルフコントロール

安心安全な毎日へ変えていける力を備えてみましょう。

実戦の心構え

その状況から素早く脱出できるか、無事に生還できるか が重要

その際は二つのコントロールが大切になります。

一、 心、気持ちで負けないことです

二、 最後まであきらめないことです